「たちあがれ日本」~「太陽の党」~「日本維新の会」へ合流!今後の日本を担うのはどの人物でしょうか?

たちあがれ日本党と人物

日本の政党『たちあがれ日本』や、『たちあがれ日本』に関わった人物ついて色々とまとめてみました。

たちあがれ日本と各党

『たちあがれ日本』と各党

『たちあがれ日本』と各党の関係をまとめました。

『たちあがれ日本』と日本維新の会

2012年11月に、党首の石原と、橋下徹の会談の結果、日本維新の会と合流することとなりました。

『たちあがれ日本』と民主党

  • 園田は、かつて自らが代表幹事や幹事長を務めた新党さきがけにて行動を共にした鳩山由紀夫(共に結党)、簗瀬進(共に結党)、菅直人、前原誠司、枝野幸男、玄葉光一郎、小沢鋭仁、荒井聰、奥村展三、五十嵐文彦、石田勝之、小平忠正ら多くの民主党の議員とパイプを持ちつつも、政策的にはすれ違う面も多くあります。平沼は自主憲法の制定や拉致問題の解決で自民党はもちろん、民主党内の保守派の協力が不可欠であるとして協力を呼びかけているほか、与謝野は財政健全化や消費税増税は民主党無くしてできないとして超党派協議を行う必要があると提言していました。打倒民主党を掲げているものの、民主党を含めた超党派協議を提言することが多くありました。
  • 2010年12月24日、民主党の菅直人や岡田克也から連立政権参加の打診を受けていたことが明らかになり、対応が話題になりましたが、連立参加へ前向きなのは与謝野だけであり、他の所属議員は否定的な姿勢を見せ、27日、たちあがれ日本は正式に拒否しました。与謝野は2011年1月13日に離党届を提出、受理され、無所属のまま菅第2次改造内閣に入閣しました。東日本大震災後の平成23年(2011年)6月2日には自民党や公明党とともに菅内閣に対し内閣不信任決議案を提出、これが否決され民主党内部から菅首相への早期退陣論が噴出すると、6月4日に仙谷由人や安住淳から連立参加の打診を受けました。園田が8日に会見で明らかにしたものですが、園田は即答を避け「脱小沢」を提案したといいます。

誰が日本のリーダーになるのか?!

『たちあがれ日本』と自由民主党

  • 安倍晋三は創生「日本」の会長として、たちあがれ日本と同組織の選挙協力を第22回参議院議員通常選挙の際に実施しました。なお、平沼自身も創生「日本」の最高顧問を務めています。また、谷垣禎一は与謝野と政策的に近く、自民党内で行動を共にすることが多くありました。
  • 『たちあがれ日本』を結成するために自民党を離党した与謝野は除名処分されましたが、自民党内にも『たちあがれ日本』との共闘を唱える者は多かったそうです。石破茂は、「ともに民主党を倒すという思いなら、罵詈雑言や裏切り者などという前に、どうやって共闘するか考えるのが大事だ」と述べ、両党が協力する可能性に言及しています。
  • 2011年6月2日には菅内閣不信任決議案を公明党とともに三党で共同提出。2012年1月19日からは参議院において統一会派を組みました。

『たちあがれ日本』と公明党

  • 『たちあがれ日本』は平沼が保守派の中枢でもあることから、外国人参政権の問題をメディアでもよく口に出し、公明党や民主党を批判しています。公明党は外国人参政権などを巡って対立していて、平沼や与謝野もしばしばこれを批判します。与謝野は過去に、「外国人参政権が成立しなかったのは、与謝野馨が真犯人だと冬柴鐵三(前衆議院議員)さんは思っているくらい」とも発言しています。
  • 『たちあがれ日本』は公明党など4党とともに緊急経済対策申し入れを行ったことからみられるように、協力可能な箇所は連携していましたが、与謝野は公明党と創価学会の関係を批判したこともあり、創価学会との関係は決して良好ではなく、平沼も同様です。ただし、平沼、与謝野、園田は自民党時代は総選挙の際に公明党の推薦を受けていました。

『たちあがれ日本』とみんなの党

  • 代表の渡辺喜美から『たちあがれ日本』を結党の際に「立ち枯れ日本」と揶揄されたものの、それ以降は共同歩調を取っていました。経済対策では『たちあがれ日本』とみんなの党は自由民主党、公明党、新党改革とともに緊急経済対策の申し入れも行っています。但し、みんなの党の「増税を考えるのは脱官僚をやってから」といった姿勢に関して、『たちあがれ日本』は選挙公約の中で逃げの政治と批判しました。
  • 『たちあがれ日本』の発起人の一人中川義雄の実兄で、代表の平沼がかつて秘書を務めていた中川一郎、石原慎太郎東京都知事応援団長は、渡辺喜美が尊敬しているという自身の父・渡辺美智雄と政策や主張が近く、青嵐会で行動を共にし、交友もありました。また、渡辺自身、平沼とともに日本会議のメンバーです。

『たちあがれ日本』と国民新党

  • 『たちあがれ日本』と国民新党は、平沼は国民新党の亀井静香とは自民党時代に同じ派閥(志帥会)に属し、亀井の弟分だった上、政策的にも外国人参政権への反対、選択的夫婦別姓への反対、積極財政派で一致しているほか、ともに郵政造反組で自民党を追い出された仲です。かつては国民新党側から平沼に合流を持ちかけられたこともあります。
  • 亀井代表時代は『たちあがれ日本』は消費税増税路線なのに対し、亀井は「景気が悪いときに増税、特に逆進性の強い消費税の増税を政治家や政党が言い出すこと自体、間違っている」と日本記者クラブの討論で述べていて、その点で政策的に異なっていました。亀井が去った現在、国民新党は民主党に歩調を合わせて税金の倍増を全面的に推し進める方向に転じているため、政策的には大差が無く親民主か反民主であるかの違いのみであると考えられます。また、2011年12月に亀井が呼び掛け、亀井や石原慎太郎らによる新党結成が噂がされましたが、亀井自身が離党したこともあり新党構想は頓挫しました。

立ち上がれ日本は今も進化しています!

『たちあがれ日本』と新党改革(旧改革クラブ)

  • 新党改革の前身である改革クラブに所属していた西村眞悟は、『たちあがれ日本』の大阪府第17区支部長を務めていました。2011年8月の菅内閣総辞職に伴う参議院における首班指名選挙では、一回目の投票では同会派のたちあがれと歩調を合わせず舛添要一を支持し、決選投票では谷垣禎一自民党総裁支持のたちあがれ・公明党と歩調を合わせず白票を投じ、野田佳彦民主党代表が当選しました。
  • 『たちあがれ日本』と新党改革は、2010年7月-2012年1月18日まで参議院において統一会派を組んでいました。これは代表質問を可能にするためであり、政策的にみた統一会派ではないとしています。ただし、新党改革とは自主憲法の制定や外国人参政権反対、消費税増税路線など政策で一致がみられる部分もあります。

『たちあがれ日本』と減税日本

共通マニフェストの作成や選挙協力を視野に入れていました。

『たちあがれ日本』の拉致問題への取り組み

拉致問題の解決を基本政策として掲げていて、所属議員全員がブルーリボンをつけていることがあります。平沼が拉致議連の会長であることや、中山恭子が内閣総理大臣補佐官(北朝鮮による拉致問題担当)などを務めていたこともあり、拉致問題への取り組みが熱心です。平成23年(2011年)12月19日に金正日総書記の死去が報道された際には、「自然死か他の勢力からによる死去かはっきりしない」と述べた上で、「自然死なら、一日も早く家族を取り戻すために(対北経済)制裁を継続していくことだ。他の要因なら慎重に事の推移を見極める必要がある」と語りました。ただし、北朝鮮の主張を代弁するような発言がみられ、北朝鮮に対する経済制裁に慎重な立場をとる戸塚進也が『たちあがれ日本』の顧問に就任していて、拉致問題への取り組みに矛盾があります。

『たちあがれ日本』の党員・サポーターの入党資格

入党資格は「積極的に党の活動に参加する意欲」があり、党の綱領に賛同する、満18才以上で、日本国籍を有する個人に認められています。

概要

党費は年2000円で、納入者には党員証が発行され機関誌『たちあがれ日本』が郵送される。同一世帯に党員がいる場合、「家族党員」として入党することもできます(党費は年1000円)。

サポーター

また、入会費無料のサポーター(支援者)制度があります。党員の紹介によって入会可能で、平成23年(2011年)1月時点で、一万人超のサポーターがいました。

『たちあがれ日本』とかけはし塾

2011年(平成23年)1月、平沼代表を塾長とする次世代人材育成塾として「かけはし塾」を開講しました。応募資格は20歳以上50歳以下の党員です。また、課題図書として平沼の『立ち上がれ、日本』(講談社)か、与謝野の『民主党が日本経済を破壊する』(文春新書)のいずれかを読み、感想文を書くことが義務付けられていました。

鉾田市 不動産に今すぐ走ればまだ間に合う!是非モデルルームをご覧あれ 。高さに見合うだけの素晴らしい部屋をご提供できると、潔く土下座できるほど自信を持って紹介しています 。そんな我々の行為もあって、日々お客様からの反響も大きいため、空室も残り僅かとなっております 。鉾田市区に、新築マンション50階の超高層マンションが、遂に登場!今までこんな不動産なかった、そして遂にやり遂げることに我々鉾田市 不動産は成功しました!完成まであと1ヶ月、今ならまだ空室残っています 。
これからもこれから先も吹田と共に歩んでいきます 。お気軽にお電話ください! 。この街で生まれた私ども吹田 不動産は、生まれた街が大好きです 。地域の皆さまに愛され、そしてこの街と一緒に成長してきました 。この街の不動産のことなら、吹田 不動産にお任せください!地元に密着した情報も併せて、お客さまのご希望に沿った間取りや地区などご提案させていただきます!地元に精通している私どもですので、どうぞご安心してください 。